☆ジャニオタトレーナーみゆきのブログ☆

ジャニオタトレーナーみゆきのブログです☆ 皆さんにジャニーズの魅力をお伝えします!

こんにちは!

ジャニオタトレーナーみゆきです☆


「ジャニオタトレーナーって何?」

「みゆきってどんな人?」

と思った方は、下記の記事をご覧ください♪
初めまして!ジャニオタトレーナーみゆきです☆


では早速、今日のテーマにいきましょう!

ジャニオタ用語を知ろう!

ということでタイトル通りです!笑

いや、別にジャニオタ用語とか知らなくても良いんですけどね。笑

ただ、ジャニオタと話している時に出てくるであろう用語の意味を知っておくと、会話がスムーズになったり話の内容が理解出来たりします。

それだけではなく、時には「この言葉知ってるんだ!」と仲間意識が芽生えたり距離が縮まったりすると思うので、知っておいて損はないですよ!笑


ジャニオタ用語①担当

まず1つ目のジャニオタ用語は【担当】です!

ジャニオタはこれを知らなきゃ始まりません!笑 【担当】は、最近広まってきた言葉で言い換えると“推し”です。

誰を応援しているファンなのか、ということを表す用語です。 「桐山くん担当の、みゆきです」は、「桐山くんファンの、みゆきです」という意味になり、ジャニオタ同士で自己紹介をする時などに使います。

「桐山くん担当」は、略して「桐山担」ということもあります。というかむしろ、略した言い方の方が使われています。

「誰担ですか?」と聞かれたら、「あなたは誰のファンですか?」という意味だと思ってください。よく聞かれます。笑 ジャニオタの文化をあまり知らないライトなファンや、ジャニーズを好きになりたての方は、【担当】ではなく“推し”と言う場合もあります。

ジャニーズ以外のアイドルに関しては、“推し”が一般的ですよね。

ジャニオタ用語の【担当】はホストから来てるらしい、と私の友人は言っていたんですが、ちょっとググッたらホスト用語の方にはアイドルのファン用語から来た説がある、と書いてありました。鶏が先か卵が先かって感じですね。笑

ホストは元々永久指名制だったそうなので、【担当】というと「この人一筋で浮気はしません!」という決意というか重みのようなものを感じて、個人的には好きです。笑

“推し”というと何人もいて良い感じがしますが、【担当】は一人です。

中には掛け持ちしていて複数担当がいるファンもいますが、ちょっと肩身が狭いかもしれません。

ですが、自分の心に正直に好きなものは好きで良いと思います! 担当一筋でも、複数担当がいても、担当がいなくても、「ジャニーズが好き」という気持ちがあればみんな仲間!と私は思います!笑


idol_koisuru_girl

ジャニオタ用語②自担

【自担】は、分が当している人。
つまり
“自分が応援しているタレント”のことを指します。

桐山担の私にとって、【自担】は桐山くんです。

コンサート会場ではみんな基本【自担】しか見ません。笑

広い会場でも【自担】の姿を常に見ていられるように、双眼鏡がコンサートの必須アイテムです。笑

ジャニオタ用語③同担

【同担】というのは、当の人。
つまり
“応援しているタレントが同じ人”という意味です。

「誰担ですか?」

「桐山担です」

「私も桐山担です!」

「同担ですね!」

という会話がSNS上やコンサート会場などの至る所でされています。笑

また、SNSのプロフィールを見ていると、たまに【同担拒否】と書かれていたりします。

これは、「自分と同じタレントを応援している人とは仲良くなる気ありません!」という意思表示です。怖いですね…。笑

独占欲からくるものだと思うのですが、知らずに近づくとお互いに嫌な思いをするかもしれないので、こういう人もいるんだと知っておきましょう。

ちなみに私みゆきは、同担大好きです!

ご安心ください♪笑



【担当】に関する用語だけでめちゃくちゃ語ってしまいました!笑

今後もファンネームやメンバーカラー等について書きたいと思います♪

お楽しみに!


それでは、今日はこの辺で!

ジャニオタトレーナーみゆきでした!

ジャニオタトレーナーみゆきのブログへようこそ!

ここへ辿り着いてくださってありがとうございます!

まずは自己紹介

記念すべき初記事なので、まずは簡単に自己紹介をさせていただきます。

名前は、みゆきです。

性別は、女です。笑

営業の仕事をしている、アラサーです。

ジャニオタトレーナーというのは、ただの自称です。笑


15年ほど前からジャニーズが大好きで、

「みんなにジャニーズの魅力をもっと知ってほしい!」

「私がジャニーズの魅力を伝えてジャニーズ好きを増やしたい!」

と思い、“ジャニオタを育成する人”というような意味合いで名乗ってみました。笑

“ジャニオタ”というのは、ジャニーズファンのことです。

私としては“ジャニヲタ”の方がしっくりくるのですが、少しとっつきづらいかなと思ったので、このブログでは“ジャニオタ”表記で統一させていただきます。

(ちなみに、“ジャニオタ”よりも“ジャニヲタ”の方がガチ感がある気がします。)

このブログについて

様々なアイドルが誕生し、ジャニーズ勢力は以前ほどではないように感じますが、誰しも身近に一人以上はジャニーズ好きがいるのではないでしょうか?


「友達(もしくは恋人や家族)がジャニーズ好きだけどよく知らない」

「ちょっと気になってるけど詳しく知らないから知りたい」
というジャニーズ初心者の方向けに、ジャニーズのことを知りそして好きになってもらえるようなブログを書いていきたいと思っています!

ですので、「ジャニーズをよく知らない身近な人にジャニーズを知ってもらいたい!」というジャニオタ仲間の皆さまにも、活用していただけるようなブログにしていけるよう頑張ります!笑
22012753_mm

みゆきのジャニオタ遍歴

さて、ここからはせっかくなので私みゆきのジャニオタ遍歴を書いてみようと思います。

ご興味のある方はどうぞ。笑


私がジャニーズにハマったキッカケは、2005年のドラマ『ごくせん第2シリーズ』です。

第1話で、赤西仁くんに一目惚れしました。笑

同じような人、たくさんいますよね?!笑

元々KAT-TUNファンだった部活の友達がテレビ録画したものをたくさん貸してくれまして、それを観たおかげですっかりKAT-TUNを好きになり、ジャニーズを知っていきました。


ジャニオタの友達が貸してくれた映像を見てハマった、というのはジャニオタあるある

ですね。笑


翌年、KAT-TUNのデビューを見届けましたが、赤西仁くんの語学留学をキッカケにKAT-TUNを離れ、少し前から気になっていた関ジャニ∞(エイト)のファンになりました。

それから5年間、渋谷すばるくんを中心に関ジャニ∞のファンでした。

関ジャニ∞は元々8人グループでしたが、ある事件をキッカケに7人で活動をしていたため、私はまた8人で活動できるようになることを夢見て応援していたんです。

しかし、8人に戻ることはもうないとハッキリわかった時があり、それをキッカケに関ジャニ∞から徐々に離れていきました。


そして2011年からは、当時関西ジャニーズJr.として活動していたジャニーズWEST桐山照史くんを応援するようになり、現在に至ります。

まさか自分がジャニーズJr.のファンになるとは思ってもみませんでしたが、全力で応援していた彼のデビューに立ち会えたことはとても貴重な経験でした。

(ジャニーズWESTのデビューに関しては色々ありましたが、それはまた別の記事で。笑)


ということで、私みゆきが現在一番応援しているのはジャニーズWESTです。

しかしジャニーズはどのグループもそれぞれ魅力があり大好きなので、今話題のグループを中心に、たくさん紹介していきたいと思います!


どうぞお楽しみに♪


それでは、今日はこの辺で!

ジャニオタトレーナーみゆきでした!

このページのトップヘ